日本体育測定評価学会Japanese Society of Test and Measurement in Health and Physical Education


日本体育測定評価学会
 入会案内
 学会会則
 諸規定等
 役員名簿
 事業計画
 総会・理事会議事録
和文機関誌「体育測定評価研究」
(年1回発行)
 論文投稿のお願い
 掲載論文抄録一覧 
 投稿規定
 執筆要項
 オンライン投稿
英文機関誌「Human Performance Measurement」(オンラインジャーナル)
 ご案内
 掲載論文一覧
 投稿規定
 執筆要項
 オンライン投稿
学会大会
 大会案内
 参加申込書
 優秀発表
学会賞
 学会賞内規
 候補論文の推薦について
研究助成
 研究助成規程
 取扱い要領
 募集要項等(ダウンロード)
 研究助成事業(助成先)
リンク
 関連リンク集

 お問い合わせ

 トップページ

  日本体育測定評価学会研究助成規程


1.対 象
 日本体育測定評価学会の会員を対象として研究助成する。

2.助成の概要
 研究奨励補助活動として体育測定評価に関する研究課題への助成を行い、その研究成果を本学会に発表、報告することを義務とし、学会活動の更なる活性化、 促進化を図る。

3.募集件数
 各年度の募集件数は、原則として3~6件程度とする。

4.助成額
 各年度の助成額は、原則として1件につき10~30万円とする。

5.申請資格および応募方法
 本学会の会員である個人またはグループとする。申請書に必要事項を記入し、事務局宛に書留(簡易書留可)にて郵送、および電子メール添付ファイルで送信 する。なお、申請する件数(申請者)は、会員1名につき1件を限度とする。

6.助成額の使用期間
 助成額の使用期間は、原則として当該助成年度の交付から翌年の3月までとする。なお、研究のスケジュールによっては、複数年(原則2年)の使用期間延長 を認めることがある。

7.助成額の使途
 調査・研究に直接関係した費用(備品購入費、消耗品購入費、旅費、謝金等)とする。

8.選考方法
 本学会理事会(研究推進委員会内の研究助成委員会)において厳正に審査、選考する。

9.研究成果等の報告義務
 助成を受けた者は、申請に基づく助成期間終了後、もしくは使用期間終了後に次の3点を履行する。1) 収支報告書等を本学会に提出する。2) 機関誌「体育測定評価研究」に刷り上がり2頁以上の報告を掲載する。3) 本学会大会、あるいは日本体育学会大会測定評価分科会会場にて研究発表する。
 なお、他に論文掲載や発表をする場合、本学会からの研究助成によることを明記、明言する。

10.助成決定の通知
 助成決定の通知は、理事会委員会が文書にて申請者に通知する。

11.助成額の交付
 助成額の交付は、原則として年度初めとし、指定の口座に振り込むこととする。

12.付記
 その他、研究助成の運用に必要な事項は別に定めるものとする。また、本規程は毎年見直しを施すものとする。

付則
1 この規程は、平成19年3月4日から施行する。




Copyright (C) Japanese Society of Test and Measurement in Health and Physical Education. All rights reserved.